株式会社いわきの会社概要

事業内容

事業内容

株式会社いわきでは、真空成型品、および真空成形金型の製造・加工・販売、射出成形品および射出成形金型の製造・加工・販売、樹脂切削品・金属切削加工品・包装材およびその他の製造・加工・販売を行っています。多様な製品を作り続けているいわきのなかでも、とくに中心となる業務がプラスチック・トレーや包装容器の製造です。光学用、電気・電子部品用、精密機器用、医療用、車載部品用など、あらゆるジャンル・用途で、みなさまのご要望にお応えするトレーや包装容器を、企画・設計、金型製作から製品製造まで、社内一貫体制で行っています。

社名の由来

社名の由来

「いわき」という社名は、代表取締役・草野茂の故郷・福島県の「いわき市」にちなんで名づけられました。1943年(昭和18年)に福島県で生まれた草野は、学生時代は工業系を専攻します。やがて上京した草野は1969年(昭和44年)、26歳のときに、東京の台東区浅草で包装資材の販売会社を創業しました。これこそが現在の株式会社いわきの原点です。その後、「日本のモノづくりに貢献したい」との思いから、包装・梱包資材の販売から製造へと事業分野を拡大し、光学・精密・電子部品の保管・運搬用各種容器の製造に進出します。1軒1軒のお客さまに足繁く通いつめてニーズを聞き出し、ご要望にお応えすべく製品開発を重ねた賜物が、現在のいわきとしてカタチになっています。時代の変化とともに、わたしたちもまた変わらなければならないかもしれません。しかし、創業当初の想いを忘れずに、これからもお客さまとともにあることを胸に、より良い製品を製造・販売してまいります。それがいわきの約束です。


環境マネジメントシステム

弊社ではISO(国際標準化機構)の環境マネジメントシステム規格を取得しております。今後更に環境負荷を低減させる努力をしてまいります。


会社基本情報

会社名
株式会社 いわき
英語表記
IWAKI CO.,Ltd.
設立
1969年2月(昭和44年2月)
資本金
488,888,888円
役員
代表取締役 小林 正勝 代表者プロフィール
従業員数
44名
本社所在地
〒333-0802 埼玉県川口市戸塚東2-33-33
TEL: 048-295-3811 / FAX: 048-290-3191
営業本部
いわきロックンローラービル
〒333-0845 埼玉県川口市上青木西1-3-1
TEL: 048-295-1111 / FAX: 048-257-3815
開発センター(金型工場)
〒332-0003 埼玉県川口市東領家 3-28-18
TEL: 048-228-3811 / FAX: 048-223-1660
北関東工場(成形工場)
〒376-0013 群馬県桐生市広沢町2-4125-2
TEL: 0277-32-3311 / FAX: 0277-32-3312
事業内容
真空成形品、真空成形金型の製造・加工・販売、射出成形品、射出成形金型の製造・加工・販売、樹脂切削品・金属切削加工品・包装材 その他
HPアドレス
https://www.rocknroller-jp.com/

統合マネジメントシステム方針

- 統合マネジメントシステム方針 -


当社は、光学・電子・医療・自動車等幅広い分野で使用される工業用トレーの企画、設計及び製造が主体 であることを踏まえて、以下の方針に基づき、当社の関連する全ての従業員によって、品質・環境・情報 セキュリティ・事業継続管理活動を推進します。

1. 社業の発展を通じて、従業員の幸福を追求するとともに、社会に貢献する。
2. 工業用トレーを提供するによって製品輸送の課題解決し、顧客の製品品質の維持及び輸送効率の向 上に貢献するとともに、日本の製造業の発展に寄与する。
3. 成形品メーカーとして、社会の発展の一翼を担っているという誇りと責任を持ち、製品の品質向上 と顧客の信頼を高めることに努める。
4. 当社の活動、製品及びサービスに係わる環境側面を認識し、汚染の予防に努める。
5. 省エネルギー及びリサイクルの推進を当社の環境管理重点テーマとして取り組む。
6. 当社が取扱う情報の機密性、完全性及び可用性を維持し、かつ、適切なリスク管理に努める。
7. 事業の中断・阻害を引き起こすインシデントを防止し、インシデントが発生した場合には、事業の 継続・早期復旧に努める。
8. 当社に適用される法規制及び当社が同意するその他の要求事項を順守する。
9. 品質・環境・情報セキュリティ・事業継続管理活動の推進にあたり、目標を設定し実施するととも に、定期的に見直しを行う。
10. マネジメントシステムの有効性の継続的改善に努める。
11. この方針は、当社の従業員、購買先に周知するとともに、一般の人々にも開示する。

2020 年12 月25 日
株式会社いわき
代表取締役 小林 正勝

お客さまの夢と希望をカタチにしています

株式会社いわきのモットーは「いつの時代も、お客さまが求めるものを!」です。お客さまのご要望とお悩みを真摯にお聞きしてニーズを的確に捉えたうえで、常にその要望の上を行く製品の提供を心がけています。だからこそ、製品のクオリティではどこにも負けず、自信をもってお客さまにお勧めしております。光学・精密・電子部品の保管・運搬用各種容器を製造してきた長年の実績と経験を糧に、日々多様化していくニーズを理解し複雑かつ高度なご要望にお応えするために、日進月歩で進化する技術を積極的に取り入れ、技術力と対応力の向上、設備の充実に努めています。お客さまの「あったらいいな」を実現する会社、それが私たちいわきです。これからも、お客さまが求めるものをより追求してまいります。そのうえで、最新の技術や新しいことにも積極的に挑戦し、努力を惜しまない姿勢を大切にいたします。いわきのさらなる成長が、そのままお客さまの満足につながるように。引き続き、より多くのお客さまとともに歩んでいけたら幸いでございます。